自家用車

合宿免許を利用すると短期間で簡単に免許が取得できる

教習を受ける流れ

女性

免許合宿でも通学のときと同じように初めに適性検査を受けますが、メガネの度が合っていない場合通学のときのように直しに行くような時間はないので、合宿所に来る前に調整することが大切です。

詳細

期間や費用を知る

教習所

車の免許を取得する方法に合宿免許というものがあります。教習所に通学する場合とは異なり、合宿免許では合宿所に寝泊まりをしながら集中的に教習を受けることが可能です。そのため通学よりもずっと短い期間で免許を取得することが可能です。合宿免許の日数は免許の種類によって異なりますが、ATでは14日間、MTでは16日間かかります。これは最短で取得した場合の日数ですが、もしも試験に落ちた場合には追試を受ける必要があり、それに伴い補講も行なうので日数は伸びることになります。合宿免許にかかる費用は合宿所ごとで変わりますが、一般的に教習料金以外にも宿泊費や食費もセットになったプランが用意されています。別々で用意されるところでは合計の料金を割り出すのがややこしくなることや、初めに思っていた料金よりも多く請求されることもありますが、全てセットになったプランでは料金が分かりやすいので安心です。セットになったプランの場合でも通常は追試などで日数が増える度に教習料金や宿泊費も追加で支払うことになりますが、教習所によっては日数が追加になったときでも料金が増えない保証プランが用意されているので、運転に自信がないという人はそれを選ぶと日数が伸びたときでも金額が高くなりません。合宿免許でかかる費用は滞在中に必要なものの他に、保険の費用もかかります。短期間とはいえ家からしばらく離れて過ごすことになるので、何があるかは分かりません。病気にかかるかもしれませんし、教習所では安全に気をつけていますが事故を起こす危険性もあります。保険に加入していると入院や通院をすることになったときでも費用を抑えることができます。

参加するときの注意点

免許証

自動車学校によっては17歳でも合宿免許に参加することができますが、仮免許の試験を受けるには満18歳を過ぎている必要があるので注意が必要です。試験を受ける日までに18歳の誕生日を迎える場合は試験を受けることができます。

詳細

比較しやすい

初心者マーク

教習所の特徴を比較するサイトを利用すると、自分に合った合宿プランが探しやすいです。地域や費用など条件を入力すると適した教習所が表示されますし、口コミも載っているので教習を受けたときの様子を知ることができます。

詳細