男性

合宿免許を利用すると短期間で簡単に免許が取得できる

教習を受ける流れ

女性

免許合宿では入校手続きを行なった後に適性検査を行ないます。安全に運転ができるように、運転に支障がない視力や聴力を持っているのかを検査するので度数が合っていないメガネでは正しい数字を出すことができません。通学の場合では検査で通らなかった場合、後日メガネを新調して通うことができますが、免許合宿の場合は自宅から離れた場所の合宿所を選ぶことも多く、日数も限られているので事前に視力や聴力に問題はないか確かめることが大切です。視力や聴力を調べた後にはどういった性格をしているのかの適性検査を受けます。簡単な問題を時間内に解いていくというもので、せっかちな性格であるのかのんびりしているのか、見落としやすい性格なのかを知ることができます。この検査によって免許合宿の成績に影響が出るものではありませんが、自分の傾向を知ることで運転をするときにどこに注意すべきなのか参考にすることが可能です。検査が終わった後には教習が始まりますが、仮免許を受ける前と後では教習内容が異なります。第一段階での教習では車を運転するときの基本的な技術について詳しく習い、運転するときの心得を覚えます。免許合宿では座学で学んだことをすぐに技能教習で試すことができるので内容を理解しやすく上達が早いというのが特徴です。運転するときの姿勢や操作方法の他に、S字カーブや坂道での運転方法など基本的な技能について練習します。免許合宿で用意されているコースは道が広いことが多いので初心者でも練習がしやすいです。